超ド級初心者向けマクロ勉強会 基礎の基礎の基礎基礎編

この記事は、フォーラムや攻略サイトのマクロの説明を見ても全く分からない。コピペする以外に自分でマクロを組むと正常に動くものが作れないと言った超ド級の初心者向けを目指した内容です。
分かる人には超退屈な内容となっております。

はじめに

この記事では仕組み(というか考え方?)についてフォーカスを当てて説明します。
使えるマクロ例ではないです。ごめんなさい><
順序立てて説明する上で一気にたくさんの要素を出すと説明がかえってややこしくなり伝わらなくなるのを避けるために、「こっちの方が実用的なのに」と思うような例も出て来ると思いますが、そこは突っ込みなしでお願いします。

What is Macro?

マクロとは、操作のステップ(工程)を少なくすることが出来る便利なものです。
用意されたテキストコマンドを使って作る「ミニプログラミング」と言うのがイメージに近いと思います。
例えば

  1. 敵をターゲットする
  2. マーキング1番を付ける
  3. パーティーチャットで「いっきまーす!」と発言する
  4. トマホークを打つ

というステップをマクロを使えばボタン1つで出来るようになります。
便利ですね(・∀・)

How to use Macro?

【システムメニュー】から【マクロ管理】を開きます。
ここで0~99番の合計100個のマクロが作成・管理できます。
マクロ管理ウィンドウ
最初は例としていくつかのマクロがありますね。
1行だけなら、チャットに直接コマンドを入力して実行することが出来ます。

/shout タムタラ行きませんか?盾さん募集

チャットモードをシャウトに指定してパーティーメンバーを募集する。こういったコマンドを組み合わせてマクロを作ります。
「ミニプログラミング」と言いましたが、難しいものではありません。

マクロ用語

コマンド 「/action」などの「/~」のことです。どのような動作をするのかを指定します。
サブコマンド 「/bm on」の「on」などコマンドの後ろに付いて、コマンドを補足役のことです。

Let’s change the chat mode!

まずはチャットモードの切り替えをやってみましょう。
ゲームにログインすると最初はSayチャットモードになっています。「一般チャット」「白チャ」と呼ばれます。

[macro01]chatinput
リンクシェルのみんなに挨拶をしてみましょう。
チャット入力欄に入力して実行します。

/linkshell こんにちはー!

複数のリンクシェルに加入している場合は、リンクシェルの番号を指定するとそれぞれのリンクシェルチャットに発言できます。

/linkshell2 こんにちはー!

挨拶する相手がいないと言う人は、自分にだけ見えるチャットモードがあります。「/echo」というコマンドを使用します。

/echo テストテストマイクテスト

指定したチャットモードで発言できましたか?
発言した後、チャットモードはSayに戻っています。
一々「/linkshell」とか打つのは非常に面倒ですね。
例えば、ずっとリンクシェル2モードになって欲しい時は、

/linkshell2

とだけ入力しEnterキーを押します。
チャットモードがリンクシェル2になりました。

ここで問題デス!

/echo テスト! /linkshell2 こんにちはー! /s テスト!

と入力するとどうなるでしょうか?
答えは・・・

[macro02]output
「/echo」の後のコマンドは、コマンドとして認識されませんね。
マクロは、1行に1動作だけを書くようにしましょう。

フリーカンパニーや複数のリンクシェルに加入していると、ログインした時に挨拶して回るのは面倒なので、挨拶マクロを作ってみましょう。
【マクロ管理】を開いて、適当なスロットを選びます。

/fc こんにちは(・∀・)
/linkshell1 ( ノ゚Д゚)こんにちわ
/linkshell2 こんにちはー!

好きなアイコンを選びます。
ホットバースロットに登録して、完成(*´ω`*)
これで、登録したボタンを押せば使用できます。

Trouble shooting

綴りとか間違ってないはずなのにエラーになるッ!
マクロのコマンドは半角英数字で記述しなければ動作しません。
どこか全角になっていませんか? スペースも半角になっていますか? またはスペースが無いなんてことがないかチェックしましょう。
[macro03]space

Chat mode commands

コマンド 省記 説明
/say /s 普通の声で喋る
/yell /y 大声で喋る
/shout /sh エリア全体に聞こえるほど叫ぶ
/tell /t 特定の個人に電話する (例: /t Nical Iris こんにちは!)
/party /p パーティーチャット
/freecompany /fc フリーカンパニーチャット
/linkshell /l リンクシェルチャット
/linkshell1~8 /l1~8 リンクシェル1~8のチャット

Let’s create target macro!

次にターゲットマクロを作ってみましょう。
ターゲットマクロを使うと、F.A.T.EやダンジョンでMOBをターゲットするのが非常に楽になります。
まずはターゲットコマンドにどんなものがあるか見てみましょう。

Target commands

コマンド 省記 説明
/target /ta 近くにいる対象または指定した対象をターゲットする。
/naxttarget /nt 自分から画面右側の敵を順番にターゲットする。
/previoustarget /pt 自分から画面左側の敵を順番にターゲットする。
/targetlasttarget /tlt 最後にターゲットした対象をターゲットする。
/targetlastenemy /tle 最後にターゲットしたMOBをターゲットする。
/battletarget /bt 自分を敵対視しているMOBをターゲットする。
/targetenemy /tenemy 近くにいるMOBをターゲットする。
/targetnpc /tnpc 近くにいるNPCをターゲットする。
/targetpc /tpc 近くにいるPCをターゲットする。
/assist /as ターゲットまたは指定した対象がターゲットしている対象をターゲットする。
/focustarget ターゲットまたは指定した対象をフォーカスターゲットする。

F.A.T.E

F.A.T.Eでは、基本的にMOBを素早くターゲットしたいですよね。
どれを使えばいいでしょうか。
MOBだけをターゲットするコマンド「/targetenemy」を自分は使っています。
「/targetenemy」は、自分のキャラクターを敵視しているMOBとそうでないMOBを区別しません。とりあえずターゲットして殴るのに向いていると思います。

/targetenemy

HPの減っている他人のキャラクター(PC)に回復をしたい場面では、「/targetpc」を使えばPCだけがターゲットで来ます。しかし、HPが減っている人を的確にターゲットするには向きません。
HPが減っているというのは、どういう状態でしょうか?
MOBに攻撃されている状態と考えられますね。したがって、「/targetenemy」にプラス「/assist」を使ってみるといいと思います。

/targetenemy
/assist

Dungeon

ダンジョンでは、各ロールによって使いたいターゲットマクロが変わってきます。

DPS/格闘士・モンク・槍術士・竜騎士・弓術士・吟遊詩人・呪術士・黒魔道士・巴術士・召喚士

DPSは基本的にタンクが殴っているMOBを一緒に攻撃します。
しかし、MOBが複数体いてごちゃごちゃしていると、タンクが何を殴っているのか分かりづらいですよね。
そこで、タンクが殴っているMOBを素早くターゲットするマクロが活躍します。
どうやったらいいと思いますか?

  •  最初にタンクの人をターゲットしておいて、「/assist」する。
  •  最初近づいてきたMOBを「/targetenemy」した後「/assist」でタンクの人をターゲットした後もう1度「/assist」する。

といった具合でしょうか。

/targetenemy
/assist
/assist

Healer/幻術士・白魔道士・学者

Healerは、MOBに攻撃されている人を回復する役ですね。
ダンジョンでもF.A.T.Eの時と同じマクロで、攻撃されている人をターゲットできますね。

/targetenemy
/assist

Tank/剣術士・ナイト・斧術士・戦士

タンクは敵を引きつけて攻撃を一身に受ける盾役ですよね。
どんな場面でターゲットマクロがあればべんりでしょうか?
最初MOBに攻撃を仕掛ける時は、どのMOBから倒すのかを判断して殴りかかる必要があります。いつも距離が一番近いMOBから殴り始めればいいのであれば「/targetenemy」が使えます。しかし、実際はそうとは限りませんよね。ですから、「/targetenemy」→「攻撃アクション」というマクロは使い勝手がよいとは思いません。
タンクは、ただターゲットするマクロよりもマーキングマクロの方が便利だと思います。

/marking attack1
/action トマホーク
/nexttarget
/wait 1
/marking attack2
/target <attack1>

この例は、1番目に倒すMOBをターゲットした後に使います。
1番目のMOBを決めてマーク1を付けて攻撃。その後別の敵にマーク2を付ける、というものです。
<attack1>」と言うのが出てきました。これは、代名詞と呼ばれるものです。
次は代名詞についてみてみましょう。

Marking commands

コマンド 省記 サブコマンド 説明
/marking /mk attack1~5
bind1~3
stop1~2
circle
cross
triangle
square
ターゲット(または指定した対象)にマークを付ける。
すでにそのマークが付いている場合、マークを消す。

Commonly use commands

コマンド 省記 サブコマンド 説明
/action /ac アクション名 指定したアクションをターゲットまたは指定した対象に実行する。
/wait 秒数 指定した秒数が経過するまで、後のコマンドを実行しない。
小数点以下は切捨て、最小1秒~指定可能。

Useful Pronouns!

代名詞とは、使用した時に指定した代名詞に当てはまる対象の名前(またはデータ)を返します。
例えば、「<me>」の中身は自分が使用すれば「Nical Iris」ですが、あなたが使えばあなたのキャラクター名になります。
ちょっと/echoで出力してみましょう。

/echo <me>
[macro04]output

「<me>」と表示されずに、自分の名前が表示されました。
他の代名詞も出力してみましょう。

/echo <t>
[macro05]output

/echo <tt>
[macro06]output

このように名前に置き換わるため、 実行される時には「自分自身」や「自分のターゲットがターゲットしている対象」というような関係性の情報は含まれません。
ですから、アクションなど実際に対象をターゲットして実行した時と同じ挙動になります。

使い方は、コマンドの後ろに記述します。

/assist <tt>

代名詞を使うと、前述したターゲットマクロも違った書き方ができますね。

Pronouns list

代名詞 説明
<t> ターゲットの名称
<tt> 自分のターゲットがターゲットしている対象の名称
<lt> 直前にターゲットしていた対象の名称
<le> 直前にターゲットしていたMOBの名称
<la> 最後に自分に攻撃またはアクションをしたMOBの名称
<mo> マウスオーバーしている対象の名称
<me> 自分の名称
<0> 自分の名称
<1> パーティーリスト1番目の名称
<2> パーティーリスト2番目の名称
<3> パーティーリスト3番目の名称
<4> パーティーリスト4番目の名称
<5> パーティーリスト5番目の名称
<6> パーティーリスト6番目の名称
<7> パーティーリスト7番目の名称
<8> パーティーリスト8番目の名称
<f> フォーカスターゲットの名称
<attack1>~<attack5> 攻撃マークが付いている対象の名称
<bind1>~<bind3> バインドマークの付いている対象の名称
<stop1><stop2> ストップマークが付いている対象の名称
<r> 最後にtellをくれた相手の名称
<p> 自分のペットトの名称
<hp> 自分のHPを表示
<hpp> 自分のHPをパーセント表示
<mp> 自分のMPを表示
<mpp> 自分のMPをパーセント表示
<php> ペットのHPを表示
<phpp> ペットのHPをパーセント表示
<tp> 自分のTPを表示
<pos> 自分の現在地の座標を表示
<class><job> 自分のクラス/ジョブを表示

Basic Grammar

最後に基本的な文法について書いて終わろうと思います。
お気づきの方もいると思いますが、基本的に英語の文法と同じです。
主語はすべて「I(私)」になり、省略されているような形です。

私はこんにちはと叫ぶ
I shout Hello!
/shout Hello!

私はパーティーメンバー2番の人を援護する
I assist party member 2.
/assist <2>

これを踏まえて考えると、ペットアクションがマクロで使用できないことが分かります。

/ac セミオーダー <t>
I action セミオーダー to target.
私はターゲットにセミオーダーを実行する

とおかしい事になっていますね。
現在、ペットアクションを実行するコマンドはありません。

以上、基礎の基礎の基礎基礎編でした!

もっとたくさんのコマンドが用意されていて、いろんなマクロを作ることが出来ます。
是非、自分のスタイルに合ったマクロを作ってみてくださいね(`・ω・´)
自分も色々調べて、マクロを作っていきたいと思います!

公式スターティングガイド p186 「テキストコマンドとマクロ」

作成支援サイト FFXIV Macro Lab

広告

Leave a Reply

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中